春名会計事務所

今月のトピックス

今月のトピックス


今月のトピックス R4


 住宅用建物の所有者が同族会社とサブリース契約を締結するなど、賃貸人が自ら使用せず、第三者に転貸する場合があります。住宅の貸付けは、消費税法上、非課税とされており、転貸する場合であってもその契約において賃貸人が住宅として転貸することが明らかな場合には、住宅の貸付けとして非課税となります。
 またその契約において、住宅として転貸することが明らかとなっていない場合であっても、その賃借人と転借人との間で次のような契約がされている場合には、住宅の貸付けとして非課税とされます。
(1) 人の居住の用に供することが明らかにされている場合
(2) 人の居住の用に供することが明らかとされていないが、その転借人が個人であって、その住宅が人の居住の用に供されていないことを賃貸人が把握していない場合


過去のトピックスはこちら

・2012年 今月のトピックス
・2013年 今月のトピックス
・2014年 今月のトピックス
・2015年 今月のトピックス
・2016年 今月のトピックス
・2017年 今月のトピックス
・2018年 今月のトピックス
・2019年 今月のトピックス
・2020年 今月のトピックス
・2021年 今月のトピックス
・2022年 今月のトピックス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional