春名会計事務所

2021年1~12月

今月のトピックス 2021年1~12月

  • 2021年  1月 『相続財産を国や公益法人などに寄付したとき』

    • 今月のトピックス R3


       相続や遺贈によって取得した財産を国、地方公共団体、公益を目的とする事業を行う特定の法人又は認定非営利活動法人(認定NPO法人)に寄付した場合は、その寄付をした財産や支出した金銭は相続税の対象としない特例があります。
       特例を受けるには①寄付した財産が相続や遺贈によって取得した財産であること(相続等で取得したとみなされる生命保険金や退職手当金も対象)、②相続財産を相続税の申告書の提出期限までに寄付すること、③寄付先が国、地方公共団体、教育や科学の振興などに貢献することが著しいと認められる公益を目的とする事業を行う特定の法人又は認定NPO法人であること、のすべてに当てはまることが要件です。
       適用に当たっては、相続税の申告書に寄付又は支出した財産の明細書や一定の証明書類を添付することが必要です。
       

  • 2021年  2月 『棚卸資産の取得価額 少額の付随費用の取扱い』

    • 今月のトピックス R3


       購入した棚卸資産の取得価額には、その購入代価のほか、これを消費し又は販売の用に供するために直接要した全ての費用の額が含まれますが、次に掲げる費用の額の合計額が少額である場合には、取得価額に算入しないことができます。
      ① 買入事務、検収、整理、選別、手入れ等に要した費用の額
      ② 販売所等から販売所等へ移管するために要した運賃、荷造費等の費用の額
      ③ 特別の時期に販売するなどのため、長期にわたって保管するために要した費用の額(棚卸資産の保管費用でこれ以外のものは、取得価額に算入しないことができます)
       なお、少額とは、その棚卸資産の購入代価のおおむね3%以内の金額とされ、事業年度ごとに、かつ、種類等(種類、品質及び型の別)を同じくする棚卸資産ごとに判定することができます。 
       

  • 2021年  3月 『メール送信した契約書等の印紙税』

    • 今月のトピックス R3


       印紙税法に規定する課税文書の「作成」とは、「課税文書となるべき用紙等に課税事項を記載し、これを当該文書の目的に従って行使することをいう」ものとされ、課税文書の「作成の時」とは、相手方に交付する目的で作成される課税文書については、その交付の時であるとされています。
       よって、契約書等の現物がない場合は、PDFファイル等をメール送信しても、FAXで送信したものと同様に、課税文書を作成したことにはなりませんので、印紙税は課税されません。ただし、メールやFAXで送信後、契約書等の現物を別途持参するなどにより相手方に交付した場合には、課税文書の作成に該当し、現物の契約書等は課税の対象となります。

  • 2021年  4月 『マイナポイントの課税関係』

    • 今月のトピックス R3


       マイナポイントは、マイナンバーカードを取得し、IDを設定した個人がキャッシュレス決済サービスにおいてチャージなどを行った際に付与されるものです(上限5,000円分)。
       個人が、商品を購入する際に決済代金に応じて付与されるポイントで、「通常の商取引における値引き」と同様の行為が行われたものと考えられる場合には、所得税の課税対象とはなりませんが、マイナポイントは、この「通常の商取引における値引き」とは認められず、その経済的利益は一時所得として所得税の課税対象となります。
       一時所得では、特別控除額50万円を控除しますが、その年にマイナポイント以外の一時所得がある場合は、確定申告が必要になる場合があります。 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional